シミはレーザー治療で綺麗な美肌に変えよう

メラニン色素を含んだ細胞

女の人

メラニン色素を含んだ細胞が肌の一部分で多く作られることで、シミができます。これは、レーザーの熱でその細胞を破壊すれば除去できます。破壊された細胞は、体から数日ほどで排出されるのです。ただしその部分では新しい細胞が作られるので、再びメラニン色素を含むことがないよう、美白ケアをおこなうことが大事です。

Read More...

気になる部分を目立たなく

顔に触れる女性

シミができる原因はいろいろなことが考えられますが、加齢によってできやすくなることは確かです。シミができると見た目が老けて見えてしまうこともあり、これを目立たなくする動きが活発になってきました。その1つに美容整形で行われているレーザー治療があり、高い効果を発揮してくれるので人気となっています。

Read More...

しっかりきれいにすること

美容整形

種類が異なることは事実

シミを焼くために必要となるレーザーの種類は複数存在しており、それぞれ照射範囲や効果量などに違いがあります。利用する際には、それぞれの違いに就いて理解し正しい治療を選択しましょう。例えば、ルビーレーザーと呼ばれる施術はダメージの少なさが特徴です。患部やその周りに与える影響を最小限にとどめてくれるので、肌荒れに繋がりにくいのがメリットです。もう1つが1YAGレーザーで、こちらはシミ以外にもいぼやタトゥーの除去に活用できます。そのため、様々な肌トラブルをまとめて解決することが可能でしょう。肌の質や体質、更にシミの状況を確認しておくことがよりよい結果につながると評判となっています。肌との相性のいいものを選ぶために、事前にお試しレーザー治療を受けてどうなるのかを確認している人も少なくありません。

アフターケアは怠けない

アフターケアをしっかり行うことで、レーザー治療を行った後のシミがきれいになくなります。きれいに治したい方にとっては、レーザーで焼けばいいと考えている方も少なくありません。しかし、それは大きな間違いです。適切に治療を行うためには、焼いてからの後が重要となります。焼いた後は難航などが処方されるので、医師の指示に従って定期的に塗ってください。また絶対に焼けた部分を紫外線に当てないことです。当ててしまうと再びシミになる可能性が高いといいます。そのため、焼いて10日ほどたつと、きれいにかさぶたがはがれてきますので、その部分に軟膏などを塗っておくことで、よりきれいになるといいます。焼いてから半年ほどで全てきれいに見えるようになるので、日程をある程度確認しておくことも重要です。

メラニン色素の除去や排出

医者

美容外科でのシミ除去では、シミを焦がしてかさぶたにするレーザーや、メラニン色素の排出を促すレーザーが使われています。前者では、1週間ほどでかさぶたと一緒にシミがはがれます。薄く残った場合には、再度の照射がおこなわれます。後者の場合、メラニン色素が十分に排出されるまで5回ほどの照射が必要となります。

Read More...