シミはレーザー治療で綺麗な美肌に変えよう

メラニン色素の除去や排出

医者

2つのタイプ

美容外科でシミの除去に使われているレーザーには、大きく分けて2つのタイプがあります。まずは、シミの原因となっているメラニン色素を、焼くことで強制的に肌から除去するというレーザーです。これを照射すると、その部分の肌は、焦げてかさぶたになります。このかさぶたは、怪我によってできるかさぶたと同じように自然にはがれていくのですが、その際にメラニン色素も一緒にはがれていくのです。もうひとつは、メラニン色素の排出を促すレーザーです。肌にはもともと、メラニン色素を排出させる力があるのですが、その力が衰えていると、シミができやすくなります。しかしレーザーによってその力が強まれば、メラニン色素はどんどん排出されていき、それにつれてシミが消えていくことになるのです。美容外科では、この2つのレーザーの好きな方を選択して、シミを除去してもらうことができます。

特徴や照射回数

熱で焦がすタイプのレーザー治療の場合、シミは1週間ほどでかさぶたと一緒に消えてなくなります。ただしシミが深い部分にまで及んでいた場合には、メラニン色素が多少残ることがあります。その場合は、かさぶたがはがれた後に再度レーザー照射をすることで、残ったメラニン色素も除去することが可能です。排出を促すタイプのレーザーの場合、必然的に照射を繰り返すことになります。というのも排出は、一朝一夕におこなわれることではないからです。定期的に照射をおこなうことで、排出のペースがどんどん速くなっていき、それにあわせてシミは薄くなっていきます。目立たなくなるほど薄くなるまでには、一般的には5回ほどの照射が必要とされています。ゆっくりと消えていく分、肌への刺激が少ないという点がメリットです。